ハッシン会議

コラム03. メディア60人参加の記者会見からのシェア
Facebook twitter

コラム03. メディア60人参加の記者会見からのシェア

メディア60人参加の記者会見からのシェア

広報PRで伴走しているクライアントの記者発表会見があり、メディア60人が出席しました。今回はその時の事例をシェアします!

誰もが知っている大企業であれば50-100人規模の記者会見は珍しいことではないのですが、ハッシン会議のメンバーは、私も含めスタートアップ企業の広報または個人事業のPR活動をされている方が大半です。

今回の事例で伝えたいのは、「スタートアップの企業がメディアを50人以上呼び込む時に何がポイントだったか」ということです。

1)一人広報で人脈の抱え込みをしていませんか?
ベンチャーあるあるなのが、1人広報体制で、その人が名刺交換をしたり取材対応したメディアを自分1人で把握してしまうケースです。しかし、これは記者会見など大規模発表をしたい際には、大きな壁となります。なぜなら、記者発表会見では社内の多くの人が「臨時広報」のような役割で関わってもらうからです。そこで、メディア人脈が「見える化」していなかったら、周りの人たちは動きようがありません。

2)メディアリストを作成し、広報関係者間(社内)で共有を徹底
当たり前のことを言っているように感じた方は、すでにメディアリストをしっかり作成・共有出来ているので読み飛ばしてもらって大丈夫です。しかし、実はこれ、しっかり出来ていないスタートアップ企業がとても多いです。今回記者会見を開催したクライアントも、私が入った当初(1年前)は、まさに1人広報担当体制でその人が名刺管理をしているだけで、リストは存在していませんでした。そこから広報担当者が1名増員、更に私も伴走で入ったことで、メディアリストの作成・共有を徹底することになりました。

3)メディアリストの加筆・更新こそ記者会見の戦闘力を上げる
今回のクライアントのメディアリストも、作成当時は100人前後で情報も浅いものでしたが、1年間で担当の3人が取材やキャラバンをする度にリストの加筆・修正を繰り返して、今では300人以上の記者の個人名を把握しているリストとなりました。そして、記者発表の際は、【案内状送付母数の2割参加】が一つの想定数値となります。今回の場合も300ちょっとのメディアに招待状を送付し、60人出席。まさに想定数値となりました。(※よく社内関係者から、メデイア何人くらい呼ぶつもり?と聞かれることもあるかと思いますが、この2割ルールに乗っ取って一つのKPIにすると良いかと思います)

<<まとめ>>
メディア人脈は個人の財産を超えて、事業(会社)の財産ですので、共有するプラットホームをしっかり整備しましょう。必ず大規模発表会の際には役に立つはずです。

以上、基本的なところでもありますが、改めて書かせてもらいました!参考になれば嬉しいです。

PR勉強会 アーカイブ動画
特別無料プレゼント!

PRコミュニティ「ハッシン会議」で過去に開催した勉強会の動画を期間限定で無料プレゼントさせていただきます。下記よりお申し込みください。

まずはお気軽にご相談ください
まずはお気軽にご相談ください

貴社の課題に合わせて、他社様事例や具体的な料金も含めた
サービス詳細を弊社よりご案内させていただきます。

PRESENT

PR勉強会
アーカイブ動画特別プレゼント

過去に開催した勉強会の動画を期間限定で
無料プレゼントさせていただきます。

LINE@

井上千絵の
広報PRマガジン配信中

最新の講座情報や広報PRノウハウ情報など、
ここでしか読めない様々な情報をお届けしています。

NEWSFACEBOOKで最新情報をチェック!