ハッシン会議

コラム58   ウェブサイトとランディングページの役割
Facebook twitter

コラム58 ウェブサイトとランディングページの役割

ウェブサイトとランディングページの役割

みなさん、こんにちは!

皆さんは広報活動において、
ウェブサイトやランディングページの役割や目的をどのように理解していますか?

今回は、ウェブサイトやランディングページの役割や目的について
一緒に考えてみましょう。

まず、ウェブサイトとランディングページの役割についてお話します。
ウェブサイトとランディングページはそれぞれ異なる役割を持っています。

【ウェブサイト】

・会社案内のように公式情報になりフォーマルになる
・ページが複数あり、どのページも見てもらいたい
・細かい情報が豊富に載っている
・ページごとに分類、整理されたカタログ的な機能を持つ

このような特徴があります。

サイトに1分くらいいる人でも、
2ページ目に行く人は20%以下と言われていますので、
1ページ目の上の方に伝えたい全部載せ、
電話番号など問い合わせ情報も入れましょう。

また、そのサイトでは何を目的にしているのか?を考えてみましょう。

サイトで売るのか、イメージを伝えるのか、
はたまた
メルマガやLINE公式に誘導するのか。

これらの目的によって、サイトの構成が変わってくると思います。

もし販売用のページを作る場合は、ホームページのトップページではなく、
ブログの投稿などから直接商品のカートに飛ぶ場合があるので、その動線も作る必要があります。

また、アクセス解析では例えば、
https://accaii.com/ (参考ページ:アクセス解析研究所)
で見た時に、どこのページからアクセスが入ってきているのかを知る必要があります。

【ランディングページ】

・縦長の1ページ完結型で、下までスクロールしてもらいたい
・見せたい情報を絞って伝える広告的な機能を持つ

このようにウェブサイトとランディングページでは異なる特徴がありますので、
自身の広報の参考にしてみてください。

また、最近はSNSなど露出する場や購入できる場が増えてきています。

そのためウェブサイトは一番情報が多く信頼性の高い場所と位置付けて、
商品のコンセプトやこだわりを紹介することに重点を置くと良い傾向にあります。

開発者の思いやブログなど、
他の場所では言い切れない情報をぜひ入れましょう。

ェブサイトは既に何かの接点でその企業や商品を知っているユーザーが、
より具体的な情報を得るために訪れます。

その一方で、ランディングページは興味や認知を喚起するための広告物となります。

ランディングページは、携帯で見る可能性が高いです

スマホで見たときに見栄えがいいか、
プレゼンするように伝えたい内容がスクロールしていった中に盛り込まれているかを確認しましょう。

1ページ完結型なのであえてリンクは貼らず、
離脱されないようにユーザーのアクションを1ページに留めていく必要があります。

実績や口コミも積極的に入れたいですね。

それぞれの役割や使い方を考えて、
改めてご自身のウェブサイトとランディングページを振り返り、
どんどん改善していきましょう!

********************
ハッシン会議で会員向けに開催された勉強会の中で、
お好きな勉強会1つの動画+資料をプレゼントさせていただきます。
詳しくはこちら

PRコミュニティ「ハッシン会議」
申し込みはこちら
********************

ハッシン会議とは?

ハッシン会議では、メンバー同士のシェア会や、特別ゲストを招いたトークイベント、最新情報を共有したりしながら、日々広報スキルアップを目指しています。新規メンバーも先着順で募集中です!

PR勉強会 アーカイブ動画
特別無料プレゼント!

PRコミュニティ「ハッシン会議」で過去に開催した勉強会の動画を期間限定で無料プレゼントさせていただきます。下記よりお申し込みください。

まずはお気軽にご相談ください
まずはお気軽にご相談ください

貴社の課題に合わせて、他社様事例や具体的な料金も含めた
サービス詳細を弊社よりご案内させていただきます。

PRESENT

PR勉強会
アーカイブ動画特別プレゼント

過去に開催した勉強会の動画を期間限定で
無料プレゼントさせていただきます。

LINE@

井上千絵の
広報PRマガジン配信中

最新の講座情報や広報PRノウハウ情報など、
ここでしか読めない様々な情報をお届けしています。

NEWS

ニュース一覧