ハッシン会議

コラム67  メディアの視点で考える「ビジネスに役立つnoteやSNSのつづけ方」
Facebook twitter

コラム67 メディアの視点で考える「ビジネスに役立つnoteやSNSのつづけ方」

文藝春秋の村井弦さんとEkiden Newsの西本武司さんが登壇し、メディア運営側の視点からnoteやSNSのつづけ方を議論した、note主催のセミナーをレポートします。

注力するべきSNS

自分のビジネスに合いそうなものを選んでやってみる。
個人のアカウント▶︎ひとりの人として発信できる。些細な気づきや感想、裏話や心情が共感を呼びやすい。他者と繋がりやすい。
会社or組織公式のアカウント▶︎個人のことを喋りづらいが、キャラ化したり文末に名前を載せて中の人感を出せる。お知らせばかりだと無機質になりやすいので工夫が必要。

発信のこだわりポイント

・バズらせたいものは無料のものを使い、宣伝にする。一番言いたいこと(コアな層と分り合いたいような内容)はnoteを使用。
・Instagramは海外といかに繋がれるかを意識して活用・拡散性、即時性を重視し、流れても良い情報はTwitter
・Instagramは英語、Twitterとnoteは日本語
・記事やブログのバナー(サムネイル画像)に力を入れて作る
・コンテンツのタイトルは徹底的に考える(必要な言葉、内容を詰め込む)
・記事など分厚い内容のものを読む理由を説明するものとしてSNSを使う。なぜそれを読む/見る必要があるのかを提示する。
・写真での気づきからnoteに誘導

SNSをやると良い点/アドバイス

・撮影者同士、執筆者同士、同業者同士での名刺交換がわりに使う。事前情報があるのでいきなり話に入れる。
・自分自身の情報発信というよりも、人と繋がるための潤滑油になる。
・リプライやいいねを押す人をなるべく相手にしない→ものを言わぬ反応しない人が多くいることを意識する。釣り堀の釣りばかりが上手くなるだけで、本当に見られたらインプレッションが高くなる。一喜一憂しない。見てくれている人がいることをイメージする。
・表現の間違いが許される。漁場があって、どこに誰がいるかを想像しながら釣竿を投げるような感じ。泡や岩陰を見たり、豊かな漁場は本当はそこじゃないかも…と、何パターンも試してみる。企画がダメなのではなく、表現の仕方が違ったのだと思い変えてチャレンジしてみる。
・昔からの知り合いに知ってもらうために、認識してもらうためにやることも。フォロワー数稼ぎだけでなく、目的の設定をきちんと考える。

noteの活用、SNSの組み合わせ方

・noteを自己紹介/名刺がわりに使えたりする▶︎「あれを書いてた〇〇さんですよね」https://note.com/gen_murai/n/n929a33e1b213
・話を聞きたくなる入り口になる・置いておけばいつでも見てもらえて、いいね数は増えていくのみ
・有料版はコア層ターゲットに使う
・ウェブ記事は労が多い割に利益は少ないので、自分が書きたい場所を作ることも良い。数を求めないメディアを作る。
・速報じゃない、バズらず遅いものが必要。速報ばかりで心を貧しくさせないために行う。後から気づくことの方が多い。
・お金を払って見てもらう/読んでもらうコンテンツへの誘導として、SNSで窓口を広げる
・知識ではお金を払わない場合が多く、感情が動く方が払う。それを知って「役に立った」より、「ドキドキした」「頑張ろうと思えた」のように感情が動く方が投げ銭する。写真とキャプションだけだったり、背景の画像やモヤモヤした部分が残っている方がより伝わったりもする。

<詳細Youtubeはこちら>https://youtu.be/0B60Sc-ExIs

***
以上となります。参考にしてみてください。

********************
ハッシン会議で会員向けに開催された勉強会の中で、
お好きな勉強会1つの動画+資料をプレゼントさせていただきます。

詳しくはこちらPRコミュニティ「ハッシン会議」
申し込みはこちら
********************

ハッシン会議とは?

ハッシン会議では、メンバー同士のシェア会や、特別ゲストを招いたトークイベント、最新情報を共有したりしながら、日々広報スキルアップを目指しています。新規メンバーも先着順で募集中です!

PR勉強会 アーカイブ動画
特別無料プレゼント!

PRコミュニティ「ハッシン会議」で過去に開催した勉強会の動画を期間限定で無料プレゼントさせていただきます。下記よりお申し込みください。

まずはお気軽にご相談ください
まずはお気軽にご相談ください

貴社の課題に合わせて、他社様事例や具体的な料金も含めた
サービス詳細を弊社よりご案内させていただきます。

PRESENT

PR勉強会
アーカイブ動画特別プレゼント

過去に開催した勉強会の動画を期間限定で
無料プレゼントさせていただきます。

LINE@

井上千絵の
広報PRマガジン配信中

最新の講座情報や広報PRノウハウ情報など、
ここでしか読めない様々な情報をお届けしています。

NEWSFACEBOOKで最新情報をチェック!